オリックス劇場

オリックス劇場は大阪府大阪市にある様々な演劇やコンサートに対応できる多目的劇場として非常に有名です。
 
収容人員は2400名を誇るため、比較的大規模な様々な演出による舞台芸能を行うことが可能で、演劇のほか国内外の有名アーティストのコンサートなどにも広く利用されております。
 
関西地区では多くのアーティストが1度はコンサートを開催してみたい場所として名前があがるほどになっている場所です。
 

 

座席

 
収容人員数は2400名ですが、1階に1255名、2階に383名、3階に762名と変則的な座席配置となっており、音響効果や死角を無くした配慮がされているのが特徴です。
 
特に音響効果はクラシックや雅楽など特徴的な音楽においても非常に臨場感の高い音質がどの席でも体感できるように配慮されております。
 
演劇などの見て楽しむものの場合にもどの席からでも効率的にしっかりと見ることができるように配慮されているのが特徴となっています。
 

 

座席表

オリックス劇場の前身は大阪厚生年金会館ですが、オリックス劇場になったのは単にネーミングライツの起用により変更されたわけではありません。
 
名称が変更されるにあたって様々な改造を加え、現在の非常に効果的な劇場へと大きく変貌しています。
 
そのポイントの1つが座席表です。
 
以前は非常にフラットな形での配置がなされ死角も非常に多かったのですが、この建物に対して現代の様々な音響技術や視覚効果技術を反映させました。
 
どの席からでも様々なイベントを確実に楽しめるような構造となっているのが特徴です。
 
最近ではこのような劇場やコンサートホールが非常に増えていますが、オリックス劇場はその先駆けとなっているような位置づけとなっています。
 
オリックス劇場 フロアガイド
http://www.orixtheater.jp/guide/
 

 

イベント

 
日本では近年様々なイベントが広く行われるようになっており、多くのコンサートホールや劇場がこれに対応するために様々な改造を行っていますが、予算の関係や技術の関係によりなかなか効果的なものを実現させることが難しくなっているのが実態です。
 
また1つの種類のイベントだけでなく様々なイベントに対応することが求められる日本の劇場では、これらの要素を全て満足するためには非常に高い技術が必要となるものです。
 
しかしこれらの高い技術を利用する際には費用面や技術面で様々な障壁が発生することが少なくありません。
 
オリックス劇場の場合にもこれらの問題が発生したと考えられますが、関西圏の非常に重要なイベントホールであると言う認識の下、高い技術を駆使して非常に適応性の高いが目的ホールとして生まれ変わっており、日本国内だけでなく海外の様々なアーティストがこの劇場で行うことを目標としている部分があります。
 
加えてこれだけの大規模で複雑な設備でありながら、多くの人に利用されることを配慮しエレベーターの設置やバリアフリー構造による利便性の向上なども非常に高いレベルで行われており、様々な人が気軽に来場でき最高の芸術を楽しむことができる劇場としても高く評価されています。
 

 

アクセス

 
アクセスは大阪市営地下鉄を利用することで非常に便利なものとなっております。
 
四つ橋線四ツ橋駅や長堀鶴見緑地線心斎橋駅や西大橋駅、及び中央線・四つ橋線本町駅や御堂筋線心斎橋駅など、様々な駅から利用することが可能です。
 
それぞれの駅からの距離も全て徒歩10分圏内におさまっていると言う高い利便性があり、多くの人が訪れることができる必要性を満足しているものとなっているのが特徴です。
 
 

まとめ

 
オリックス劇場は関西地区の中でも非常に利便性が高く、また芸術の様々な良さを十分に堪能できる劇場となっているのがポイントです。
 
アクセス性が高く音響効果やその他の機能も非常に優れていることから、最高の芸術を堪能できる場所として広く大阪市民やその周辺の人たちに愛されており、また多くの芸術家が目標としている劇場でもあるものとなっているのです。