カワサキバイク

カワサキのバイクは日本では他のメーカーのバイクに多少押されている傾向がありその台数は少ないものとなっていますが、海外では非常に人気の車種が多く、古くから大型バイクに非常に力を入れている点もあり、人気のものとなっています。
 
特に日本国内では125ccや250ccが一般的となっていますが海外では大型のものが受け入れられる傾向があります。
 
その中には日本国内では販売されていないモデルも少なくありません。
 
そのためこれらのモデルに興味がある人は逆輸入と言う形で購入をすることも多くなっており、古くからマニアにとっては注目のものとなっていました。
 

 

カワサキバイクの特徴

 
カワサキの特徴はその独特のセッティングにあります。
 
一般的に日本のものの場合には日本人の小柄な体型に合わせて小排気量のものが中心として流通する傾向があります。
 
その中でもカワサキは古くから大型バイクに力を入れており、大型では難しい様々な取り回しの良さや全体のバランスなどを十分に研究し製造をしてきた経緯があります。
 
現在では日本でも免許制度が大きく変化し大型に乗りやすい環境となっていますが、昔は大型に乗るためには非常に難しい試験をパスしなければならず、実際にはなかなか乗ることができる人が少ないと言う事態がありました。
 
そのため小排気量のものが日本では売れ筋となっており、大型は特殊な人が乗るものとして位置づけられていた経緯があるのです。
 
その中に古くからカワサキは大型を主力商品としており、そのほとんどが輸出向けのモデルとして生産されていたことから日本では手に入らないものが非常に多く、なかなか街中で見かけることが少ない状況が続いていました。
 

 

大型バイクの代名詞

 
最近では日本でも大型に乗る人が増え、多くのメーカーが大型を製造するようになってきましたが、その先駆的な役割を果たしてきたのがカワサキと言うメーカーであり、日本の大型バイクの代名詞としてその名前は世界中で認められています。
 
最近では他社も大型バイクに力を入れているため日本市場ではなかなかその地位を高めることが難しい状況となっています。
 
しかし、性能や取り回しの面では古くから大型を製造してきたそのノウハウが十分に生かされており、マニアにとってはこれまで同様非常に乗りやすく憧れのものとなっているのです。
 

 

ラインナップ一覧は?

 
カワサキは現在では様々な車種を製造しております。
 
日本国内でも新車を購入することが簡単にできるようになっているため、以前のように逆輸入でないと購入できないと言うものは非常に少なくなっています。
 
古くは小排気量のものが一覧表に載っていることが多かったのですが、現在ではメーカーのサイトでも小型から大型まで多くの車種が掲載されており、自分に合ったモデルを自由に選ぶことが出来るようになっているのが特徴です。
 
そのため昔に比べ逆輸入で購入をすると言う人は減っている傾向にあります。
 
しかし、それでも海外仕様にしかない特別なパーツを取り付けていたりチューニングを変更しているものも多いため、このようなモデルが欲しい場合には逆輸入で購入をすることも少なくありません。
 

 

まとめ

 
最近では日本にも様々なオートバイが輸入されており、海外のメーカーの認知度も非常に高まっています。
 
また国産でも従来に比べてその価格が非常に高くなっていることから海外の輸入車と価格差があまりない状態となっている傾向もあるため、好きなモデルを予算の中で選ぶことも非常に簡単なものとなっています。
 
そのため自分に合ったオートバイを選ぶ選択肢が非常に広がっている事はマニアにとっては非常に嬉しいことであり、また逆輸入車を含めて効果的な選び方ができるようになっているのも最近のメリットです。
 
従来は逆輸入でしか購入できなかったものが現在ではネットで簡単に購入できるようになっていることも、今日の人気の高さの秘密となっているのです。