伊丹空港

大阪国際空港の通称として知られる伊丹空港と言えば、関西の空の玄関口として非常に有名な空港であると言うことができます。
 
中には、飛行機での長旅を終えてようやく伊丹空港に着いたはいいものの、そこから電車を乗り継いで家まで帰るのが面倒だと感じている人が多いことでしょう。
 
旅行からの帰りともなれば家族や友人へのお土産もたくさん持っているため、できるだけ楽な方法で家に帰りたいと思うものです。
 
実は、伊丹空港から出ているリムジンバスを利用するなら、多くの人が考えているよりもずっと楽に移動することができると言われています。
 

 

リムジンバス

 
まず、空港からのリムジンバスは幾つかの方面に出ているため、自分にとって最も都合の良い路線を容易に見つけることができます。
 
それと同時に、時刻表もしっかりチェックしておけば、間違いなくバスを利用することができるのです。
 
 

大阪方面

 
例えば、大阪方面一つを取り上げてみても、大阪駅へは午前7時50分から午後21時30分まで、およそ10分おきに1本バスが出ています。
 
もちろん他にも、新大阪駅やなんば、あべの橋、また関西空港など、多くの到着地点があります。
 
 

京都方面

 
京都方面なら、京都駅まで午前8時から午後21時15分まで、およそ20分おきに1本のバスが出ています。
 
 

奈良方面

 
さらに奈良方面へは、それほど頻繁ではありませんが、およそ1時間に1本は奈良駅や第二阪奈生駒へ向けてバスが出ます。
 
 

兵庫方面

 
兵庫方面へは、神戸へ20分に1本、西宮・甲子園へ30分に1本といった具合に、何本もの路線を利用できるようになっているのです。
 

 

時刻表

 
自分の家がどの方面にあるかによって、もしくはどの方面へ行きたいかによって、利用するバスの路線が違ってくるため注意しましょう。
 
バスに乗り遅れたり、最終の便に間に合わないといったことがないようにするため、時刻表を事前に知っておくことは助けになります。
 
詳しい時刻表を知りたいと思うなら、空港リムジンバス公式サイトをクリックすれば、簡単に詳しい時刻表をゲットすることができます。
 
是非気軽に利用してみることをお勧めします。
 
伊丹空港リムジンバス 時刻表
https://www.okkbus.co.jp/route/itm/
 

 

バス乗り場は?

 
もちろん伊丹空港からのバスを確実に利用できるようにするためには、バス乗り場も知っておかなければなりません。
 
例えば、JALを利用して北ターミナルに到着した場合、まず到着口を出て1階に行くとそこに切符売り場があります。
 
ANAを利用して南ターミナルに到着した場合もやはり北ターミナルの場合と同様、1階に切符売り場があり、すぐ目の前がバス乗り場となっているのです。
 
とにかく非常に便利なので、安心して利用することができるでしょう。
 

 

伊丹空港からのアクセス

 
さらに、伊丹空港からのアクセスはある人々が実際に考えている以上に大変便利になっています。
 
例えば、大阪駅まで行きたいと思う場合、大阪モノレールと阪急宝塚線を乗り継いで行くとしたら、蛍池で1度乗り換えるだけでOKです。
 
その場合、大阪モノレールに乗っている時間は約3分、阪急宝塚線は約15分で阪急梅田に到着できると言われています。
 
仮に伊丹空港からリムジンバスで行くとしたら、乗り換えなしの約30分で大阪駅前に到着できるでしょう。
 
 

難波方面のリムジンバスが特に便利

 
空港からのリムジンバスがいかに便利でアクセスが良いかを物語っているのは、難波方面に向かう場合であると言えるかもしれません。
 
仮に、なんばまでリムジンバスを利用して行くとしたら、やはり30分で乗り換えることなく到着することができると言われています。
 
ところが、それ以外の方法でなんばに行くとしたら、まず大阪モノレールに乗って蛍池で阪急宝塚線に乗り換えて阪急梅田まで行き、梅田から地下鉄御堂筋線でなんばまで行くことになります。
 
バス1本で行くよりはやや面倒に感じるかもしれません。
 
つまり、それだけ空港からのバスは便利であるということなのです。